Cardio Intelligence NEWS

「NVIDIA Inception Program」のパートナー企業に認定されました

2021/4/7

当社のソフトウェア開発では積極的にディープラーニング技術を用いており、開発にはNVIDIAの環境が不可欠となっております。今回の認定によって、NVIDIAの最新GPUハードウェアの利用やNVIDIAからの技術・マーケティング支援等を受けることが可能になり、それによって当社の研究開発のスピードを促進、成果の社会への早期還元を推進して参ります。

詳細はこちら

日本循環器学会学術集会で発表しました

2021/3/29

カルディオインテリジェンスCEOの田村と医師の谷口が、第85回日本循環器学会学術集会にて発表を行いました。弊社の取り組みは、常に医療の現場と密接に連携しています。

日経メディカルに記事が掲載されました

2021/3/25

カルディオインテリジェンスの取り組みが、日経メディカルの記事として取り上げられました。引き続き、心電図の課題、心房細動診療の課題解決に取り組んでまいります。

詳細はこちら

日経新聞に記事が掲載されました

2021/3/2

カルディオインテリジェンスの取り組みが、日経新聞の記事として取り上げられました。より多くの不整脈早期発見・重症化予防を目指し、さらに邁進してまいります。

詳細はこちら

1億4千万円のプレシリーズA資金調達を実施しました

2021/3/2

このたび、更なる事業化のスピードアップを推進するため、第三者割当増資として、ANRI、大和企業投資株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、エムスリー株式会社、株式会社Gemsekiより総額1億4千万円の資金調達を実施したことをお知らせします。

詳細はこちら

武智峰樹が取締役CDOに就任しました

2021/2/12

自宅や子育ての場で、いざというときの療養を助ける仕組み作りに取り組んできました。このフィールドには、医療のような社会課題も、数理モデルやITが活きる技術的問題も、人のコミュニケーションに関わる深くて手強いタスクもあります。面白くて取り組みがいのあるテーマとそれを解く知恵やテクノロジーが沢山転がってます。社会システムとテクノロジーの両方に興味がある有志の方、多彩な分野から集った凄腕剣士達と、このフィールドで一緒に腕を磨きませんか。カルディオインテリジェンスでなら「全集中」体得も可能!?

薬事担当:岡本克郎さんが仲間に加わりました

2021/2/10

前職において心電図解析に携わって以来、医療機器ほかヘルスケア関連製品の薬事に30年以上携ってきました。日々、心電図解析の復習・予習に必死の思いで取り組む毎日ですが、一方で、当時では実現が難しかった技術を近年のテクノロジーによりチャレンジできることは大いに励みとなっております。ささやかながらでも、早急にカルディオインテリジェンス社の薬事担当としてお力になれればと考えております。

医療法人社団彩悠会と業務提携を開始しました

2021/1/12

医療法人社団彩悠会と、医療機器の開発と医療機関における先進的医療機器の利活用を目的とした業務提携を開始しました。製品の開発・改良や医療現場への実装の検証を行うことで、当社の持つ医療機器をより医療現場で使いやすく、より多くの患者さんへ届けられる仕組みづくりを実施して参ります。

詳細はこちら

営業担当:石橋祐理子さんが仲間に加わりました

2021/1/5

 前職の製薬会社では、心房細動患者さんが起こしやすい脳卒中を予防するための抗凝固薬の営業・開発として関わってきました。しかし心房細動は発見しづらく診断されないために、お薬を飲めば予防できる脳卒中も予防できない状況があることをもどかしく思っていました。世の中に解決策があっても、知らぬ間に進行する病のためにそこに辿り着けない人々がいる中で、革新的な技術で解決策を作っていくカルディオインテリジェンスに出会い、ジョインを決めました。SmartRobin事業戦略室長という立場は私にとって新しいチャレンジでもありますが、それを歓迎してくれるカルディオインテリジェンスでこれから素晴らしい技術を世の中に広めて参ります。

HONGO AI 2020  "BEST AWARD" を受賞しました

2020/12/7

 2020年12月4日(金)に開催されたHONGO AI 2020に当社CEO田村が登壇し、最優秀賞 BEST AWARDを審査員の方の満場一致にて授与いただきました。 
 受賞の瞬間は、授賞式を見ていた一同声をあげて喜びました。これを機に一層励んで参りますので、どうぞ皆さまよろしくお願いいたします。
HONGO AI

株式分割の基準日設定につき通知公告 

2020/11/17

 当社は、2020年12月1日を基準日と定め、同日午前0時現在の株主名簿上の株主をもって、その所有する株式1,117株を11,170,000株とする株式分割により株式の割当てを受ける株主と定めましたので公告します。  

2020年11月17日
 東京都港区東麻布一丁目29番15号 
 株式会社カルディオインテリジェンス 
 代表取締役 田村 雄一 

当社の事業内容がDIAMOND SIGNALで取り上げられました

2020/8/27

当社の事業内容をDIAMOND SIGNAL様に大変分かりやすく紹介していただきました。当社が開発している技術がどのように患者さんや医師の方の役にたつのか書いてくださっています。皆さま、ぜひ一度、実際の記事をご一読ください。
https://signal.diamond.jp/articles/-/246

3,500万円のシードラウンド資金調達を実施しました

2020/8/27

このたび早期事業化を推進するために第三者割当増資での資金調達を実施し独立系ベンチャーキャピタルANRI(代表パートナー:佐俣アンリ)より3,500万円のシードラウンドの資金調達を実施したことをお知らせいたします。

非発作時における発作性心房細動の兆候検出が可能なAI(人工知能)の治験を実施へ

2020/8/21

当社が開発した心電計を応用した革新的医療機器:隠れ心房細動診断支援AI(以下AI医療機器)に関する医師主導治験を実施するため、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が公募した「医療機器開発推進研究事業」に応募し、採択されました。これにより本年度より2022年度までの期間において、AI医療機器の実用化開発と医師主導治験を実施する予定です。

オンライン特別セミナーを開催しました

2020/7/1

2020年7月1日(水)19:00より無料のオンラインセミナーを開催しました。120名を超える方にご視聴いただき、各講演に関する皆様からのご質問にこたえながらのパネルディスカッションなど、大変盛況のうちに終えることができました。
ご参加いただいた皆様に主催者・共催者一同御礼申し上げます。
タイトル:
ポストコロナ時代の臨床研究を斬る!

~シード段階の大学発ベンチャー企業が考える

AIを活かしたデータ解析とワクワクする次世代の臨床研究~1


詳細はこちらからご確認ください。
https://peatix.com/event/1513017/vie

第二種医療機器製造販売業、医療機器製造業を取得しました

2020/6/17

2020年6月4日(木)、東京都にて第二種医療機器製造販売業、医療機器製造業を取得しました。

CEO田村らが参加した過去のビジネスコンテストでの受賞実績をお知らせいたします

2020/4/5

2017年10月15日に行われたアカデミック発の革新的科学技術シーズによる事業化ビジネスコンテスト BRAVE 2018 Summer-Blockbuster TOKYO (Beyond Next Ventures 社・東京都共催)に田村らのチームが参加し、開発中のAIを用いたモニター心電図自動判読プログラムに対し、マイクロソフト賞・デンソー賞をはじめとした5つの賞を受賞しました。

東京都が主催する「X-HUB TOKYO」に田村へのインタビューが掲載されました 

2020/3/31

東京から世界を目指す起業家や世界のイノベーションエコシステムの関係者が集う、東京都が主催するグローバル・ベンチャー創出プラットフォーム「X-HUB TOKYO」に、弊社CEOの田村へのインタビューが掲載されました。

詳細はこちらからご確認ください。
https://x-hub.tokyo/contents/4165

BRAVE IndiaにCEO田村らが参加しました

2019/12/14

日本の技術をインドで展開するためのアクセラレーションプログラムBRAVE Indiaに弊社CEOの田村をはじめとするメンバーが参加し、インドのスタートアップの聖地であるバンガロールにおいてピッチを行い、現地の医療関係者と事業展開を見据えたネットワーキングを行いました。