Philosophy当社の目指すもの


企業理念

カルディオインテリジェンスは、AIを活用した医療機器開発により
心臓専門医不足の医療現場を支援します。
心電図検査が身近になることで不整脈患者を救い
豊かな未来を創ることを目指します。

MISSION

⼼臓病診療を受けられない
患者さんを世界からなくす

VISION

すべての不整脈患者を救うため
テクノロジーで世界中の
医療従事者をサポートする

VALUE

医療現場に精通したスタッフと
AIエンジニアによる
現場で本当に役⽴つ医療機器開発

CEOメッセージ

代表取締役社長CEO 田村 雄一

代表取締役CEO
田村 雄一
Yuichi Tamura, MD, PhD

心電図という枯れた技術を
ディープラーニングで“再発明”する

心電図は100年以上の歴史があり、医学の検査の中では”枯れた”と考えられている技術ですが、今でも世界中で利用されています。そして医師を含めた多くの医療スタッフは、未だに心電図を読むトレーニングに長い時間を費やし、それでも見落としがないかを恐れているのが現状です。

また、心電図は21世紀に入っても自動判読の技術は成長せず、特に時間軸(横)方向、すなわち不整脈を読み取る判読技術は、古典的な機械学習の苦手とする分野であり、未だに充分な検査・診断・治療機会を得られない患者さんが、日本だけではなく世界中にいらっしゃいます。

そのような課題を克服するため、私たちカルディオインテリジェンスは、心臓の専門医とAIのスペシャリストがタッグを組み、医師の専門的な所見を備えたデータとディープラーニングの技術をもとに、これまでの自動判読とは一線を画す、心電図判定人工知能(AI)を製作しています。

この技術の実用化により、専門医が居ないようなへき地の施設であっても、医師の診察をサポートできるようになります。さらにディープラーニングを用いることにより、医師が今まで気づけなかった微細な兆候まで見つけることで、心電図技術を”再発明”し新たな価値を提供できる検査として生まれ変わらせることができるようになります。

私たちはテクノロジーによって医療現場をサポートすることで、少しでも早く心臓病の発見・治療ができるような環境を、整えていくことを目指しています。



3つの強み

当社では、世界中の心臓電気活動をAIにコネクトし、すべての不整脈患者を救うことを目指しています。
それを可能にする我々の強みをご紹介します。

医療現場に精通したスタッフ

当社スタッフの多くは、現役の医師や病院勤務経験者の他、製薬会社で薬の開発のために医療現場に頻繁に足を運んだり、電気機器メーカーで医療現場の多職種連携ツールの開発・システム構築に携わったりと、医療と関係する仕事に携わったスタッフがほとんどです。

医師の専門的な所見のみならず、医療現場の実情を深く理解しているスタッフが一丸となり、「医療現場で本当に役立つ医療機器開発」をしています。

高いAI技術力

心臓専門医と人工知能(AI)のスペシャリストがタッグを組み、長年変革が起こりにくかった心電図の領域に革命を起こす診断技術を構築しています。 既存の技術では見逃されていた、発作が起きていないときですら心房細動を診断予測できる画期的なAI技術を開発し、AI心電図診断に関連してすでに特許を取得し、さらに多くの特許を申請しています。

良質なビッグデータ

数年かけて長時間心電図波形を収集し、専門医によるアノテーションを施すことで、AI開発に最も重要な質の高い学習用データをビッグデータとして取得することで、先行優位性を確保しています。また製品化したソフトウェア医療機器を通して、今後もデータ収集を継続することで、成長性の高いAI医療機器を製造する基盤を構築しています。

Recruit採用情報

一緒に会社を作っていただける
メンバーを募集中です。

当社は、心電図のAI自動解析支援システムの
製品開発を行っているヘルステックベンチャーです。
医療・AI・事業開発のプロフェッショナルが在籍し、
医療現場に直結する製品開発を行っており、
社会貢献度が高く、やりがいのある仕事です。
今後さらなる成長フェーズに突入するため、
一緒に会社を作り上げていただける
メンバーを募集しています。